• スライド写真1
  • スライド写真2
  • スライド写真3
  • スライド写真4
  • スライド写真5
  • スライド写真6

施設へのアクセス

大きな地図を表示

〒038-0042
青森県青森市新城平岡56−1
TEL 017-787-3121

施設長・関良について

施設長・関良について 生年月日昭和33年4月5日
最終学歴青森県立青森商業高等学校 卒業
経歴・現職  平成5年4月 社会福祉法人ゆきわり会理事長兼総合施設長
平成23年4月 青森県議会議員
主な役職
  • 青森県ユニバーサルホッケー協会会長(現)
  • 青森市陸上競技協会副会長(現)
  • 青森県知的障害者協会元会長
公式サイト青森県議会議員 関良 公式サイト

施設長兼理事長あいさつ

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は、多くの方々よりご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

 さて、「平成」も今年で終わり新しい時代が始まろうとしておりますが、「平成」を振り返りますと「平成4年」に法人認可をいただき、翌年4月1日に「ゆきわり荘」が精神薄弱者更生施設(現在、障害者支援施設)として開設いたしました。利用者と家族の思いに寄り添い、地域の皆様のご理解とご協力を頂きながら、役職員が一丸となって邁進して参りました。
その後、国の大改革であります平成12年4月に施行されました社会福祉基礎構造改革の「個人が尊厳を持ってその人らしい自立した生活が送れるよう支える」という理念のもと施設入所よりグループホームへの移行等、積極的に事業展開を図って参りました。 また、本県の課題でもあります「人口減少対策」として「雇用の場の確保」と「子育て支援対策」として「隠れ待機児童の解消」に取り組み、生涯いきいきとして働き、安心して子育てができる環境づくりに努めて参りました。具体的な取り組みとしては以下のとおりです。

第一に、新青森駅周辺を拠点とした東京都民及び関東近県の重度の障害者を対象とした「共同生活援助はやぶさ」の開設(現在19ヶ所から21ヶ所へグループホームの増所予定、定員170名から190名へ増員予定)、「生活介護事業所ねぶた(定員60名)」、「生活介護事業所しんあおもり(定員40名)」の他、今後数年かけて300名規模の定員と雇用の場の確保として新規採用100名超を見込んでおります。

第二に、新城保育園について、今年度4月に「幼保連携型認定こども園SHINJO」へ移行し、定員も現在の70名から105名に増員の予定です。併せて現在改築をすすめており、新しい園舎で新年度をスタートします。また、送迎バスも準備し、地域で安心して子育てができる環境づくりをサポートする体制を進めております。

第三に、高齢者福祉施策について将来、高齢者が「生きがいを持ち、安心して暮らせる環境づくり」を、新青森駅周辺を拠点とした石江地区において東京都民、関東近県の高齢者の受け入れについても体制整備について検討していきたいと考えております。

いずれにしましても、第一から第三まで掲げた事業展開につきましては、地域の皆様、関係者の皆様のご理解ご協力が不可欠であり、社会貢献活動により地域に還元するとともに、引き続き「人材育成と定着」に重点をおき、研修の充実と職員が安心して働ける環境づくり、国が掲げる「働き方改革」のより一層の推進を行います。

今後とも地域の様々な福祉ニーズに柔軟且つ迅速に対応し、社会福祉法人として期待される役割を果たすよう努めるとともに、その趣旨にしっかりと取り組んで参ります。これからもなお一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

平成31年1月

社会福祉法人ゆきわり会
理 事 長 関   良

ゆきわり会情報

更新情報